四年ぶり

おひさしぶりです
ていうか 放置してました。

いやはや四年ぶり…
四年前の自分のブログ、久しぶりにみて、
くだらねえと思いつつも…

思い出した事、
四年の間に経験した事

備忘録程度にまた少しずつ再開したいと思います。



私は2011年に名古屋から福井県敦賀市に嫁いできた都会育ちの貧弱主婦 マエサキと申します。

知り合いもいない、おまけに人見知りでなかなか友達ができない 
そして子供もできなかった…


そんな私が向かったのは「山」

ひたすら足を前にだせばいつかは頂上につく。
それだけで味わえる達成感にはまりました。

白山 富士山 御嶽山(噴火前です) そして地元福井県の山々の思い出 
  
また、不育症という病気についても少しずつ残せたらと思います。


なにかご縁があって訪れていただいた方
みていただければ幸いです。(できればポチも…)
スポンサーサイト

散歩中に見た珍しいもの

だいぶ前に、ここら辺では普通に散歩していると巨大カエルに遭遇する事もあって驚くという事を書かせていただきましたが、カエルがいるという事は当然こちらの方もいらっしゃるわけで…


毒のないシマヘビさん(たぶん)です。いきなり住宅街で遭遇すると驚くものです。

ところで先日訪問してくれた友人は、蛇の抜け殻をとてもほしがってました。財布にいれると金運がよくなるらしい。
さすが貯蓄率全国ナンバーワンの名古屋っこです。
抜け殻が取れる旬の時季がいつか知りませんが、これは期待が持てそうです。



今日お散歩中、めずらしいものを見ました。

お、虹かな?…にしては虹の形がおかしいような…
と思いふと太陽をみると、


太陽の周りにうっすら、丸い虹のような線のようなものが…

なんじゃこら?

と思って調べてみました。

太陽の周りにでているもの、これは暈(かさ)というらしいです。
暈(かさ)とは、太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことである。
ハローまたはハロ(halo 英:ヘイロウ)ともいう。

これではない
haro1[1]

特に太陽の周りに現れたものは日暈(ひがさ、にちうん)
虹のようにも見えることから白虹(はっこう、しろにじ)ともいうらしいです。


詳細はこちら

できる仕組みもわかっているようで、要約すると、上空のうす雲の中に含まれている氷晶(小さい氷の粒)に
太陽の光が屈折してできるものらしい。

ちなみに変な形の虹も同じ原理でできるもので、環天頂アークという。

なかなか二つ同時に見れるのは珍しいようです。

どうも調べると、不吉の前兆とか地震が来るとかあまりよい事は書いてないのですが、私は単純(アホウ)なので単に珍しいものが見れてラッキーてな感じです。


この前の金環日食とかもそうですが、たまに、面白いものを見せてくれる、空や自然、地球や太陽に感謝感謝!

人生前向きに!!

いいことがありますように!

友人来たる

最近どういう訳か、ウィルス性胃腸炎の人が周りに多いと思っていたら、
もれなく自分も罹ってしまった。
久しぶりの更新で相変わらずの病気報告とは情けないですが、なってしまったものはしょうがない…。

しかも間の悪いことにちょうど実家の名古屋から高校時代の友人がわざわざ訪問してくれた最中である。

こんな田舎にわざわざ高い交通費を投じて来てくれたのだから、できる限りのもてなしを…

と思ったが何とも体が言うことを聞かず…


とりあえず近所の名勝、気比の松原海岸に調子がいい時に一緒に散歩に行きました。


すると…なにやら海面がキラキラしている…よく見ると、


小魚が打ち上げられている!
120519_0958~01




どうもカタクチイワシがサワラかなにか大きな魚に追いかけられて海岸まできて帰れなくなったそうな…


イワシ達必死だが、波の勢いには勝てないようで…何匹も打ち上げられている。


「こんな事ってあるんだー!ていうか手づかみで取れそうだ。これなら、スーパーで魚飼う必要まったくないじゃないか!

ああ唐揚げにしたらおいしかろうなあ…」


そんな事を思いつつ見ていたら、心やさしき友人は魚をつかんでなんとか海に戻そうと努力しておりました。


しかしそんな努力もむなしく魚達は、そこらへんの釣りおじさんのタモとトンビの口の中へ消えて行きました。


それを見た友人が一言…。

これも自然の摂理だね…。



その後、心配をかけるだけかけた友人は予定より早く帰られました。

何か少しでも友人のいい思い出になっていればよいのですが…

これに懲りず友人がまた訪れてくれるよう健康にはくれぐれも気をつけたいものです。

(おなかゴロゴロ)
120514_1740~02

花見に彦根城

春到来!敦賀も満開もむかえました。
毎日春めいてきて、ぽかぽか。布団をようやく屋外に干せる日が来ました。
ただ 気がかりなのは、家の周りが雑草だらけになっている事…

まあ雪の大変さに比べれば草抜きくらい…と2時間ばかり頑張ったら、足と腰が いたたた…

相変わらず貧弱です。




桜が咲いていますので、花見に行きました。
敦賀では、金ヶ崎宮の桜が有名ですが、あえて滋賀 彦根城まで足をのばして行きました。


人の多さは覚悟していたものの…


天守閣見物は60分待ちとの事だったので、やめました。



なぜなら、人が多くてゆっくり見れないのと、国宝の昔ながらの城の階段は恐ろしく急で人が多いと自分が無関係の人を巻き込んで落ちる可能性が多いから…

ちなみに天守閣行列の横のもう一つ行列ができておりました。


なにかと思い見ていると…

「えーーひこにゃんに会えるのは60分後でこちらにお並びください~~」とのアナウンスが…


さ…さすが ゆるキャラの帝王!

人気 衰えず!!

333px-Hikonyan01[1]

城の周りではひこにゃんのテーマソングらしき 「ひこにゃんにゃん♪」との音楽が延々と楽しく流れている中、
お土産屋もひこにゃんグッズばかりでした。

恐ろしきは近江商人とひこにゃんの魅力です。
恐れおののきながら散りゆく桜を見るというのもオツなものでしょう。


ちなみに、彦根城には金亀公園という公園が隣接しているのですが、もともと琵琶湖を埋め立てたそうで、地盤沈下して浸水しまくってました。いつかこの公園は完全に沈むのではないでしょうか…

なんだかシュールな気分になれる彦根城!!
いいお城でした。(外から眺めただけだけど…)

桜さく

とうとう敦賀の桜も咲きました。
いよいよ春と到来という感じです。
円形脱毛症から始まり、手足口病、インフルエンザ、水疱瘡・・・と様々な病気を克服し、
大雪に悩まされながらですが
なんとか北陸の初めての冬を越えれてほんまに感無量でございます~~

120410_1750~01

こうなってくると、早く山に登りたい。

今年の初登山はやはり敦賀のシンボル、野坂山にしたいのですが、
まだまだ遠目にも雪が積もっております。

運動神経のなさでは右に出るものがいない私なので、雪が積もった山登りなんて、それこそ、
救援隊を呼ぶハメになりかねません。

そんなもんですから、今はおとなしく、
バイト帰りに天筒山という小山に登山というよりハイキング感覚で予行練習しております。

小山といえど、まあまあいい運動にはなります。

私のアルバイトはデスクワークで座っている時間が多いので、肩が凝ったり、また、色々ストレスがたまって悶々してくることもあります。

でも自然の中を歩いて、太陽の光にあたり、空気や風邪に触れると、気分もいいし、全身の血のめぐりもよく元気になれます。血沸き肉踊る素敵なワクワクする感覚。

そして何より、ご飯がおいしい!


もともと、結婚して、敦賀にまで山登りなんてした事すらなかったですが、こちらに来てから大好きになってしまいました!


昨年は 敦賀三山(野坂山、岩籠山、西方ヶ岳)と三十三間山、衣掛山、三内山、白山に登りました。
今年も是非 色々挑戦の一年としたいです。

またこちらでもご報告できるようにくれぐれも病気やけがのないよう頑張ります!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。